塵も積もれば山となる

塵も積もれば山となる

一年程前の体験談です。
当時(今もなのですが)さまざまな事情から民間企業を退職し
官公庁でのアルバイトとして働き始めていました。

 

正職員の時も元々ボーナスはなく労働時間の割には薄給だったので貯金という物もあまりありませんでした。
アルバイトになってから、労働時間は激減しましたがそれにともない給料も激減
しかし、身に着いた浪費癖がなおらず食費や携帯代などの必要経費を除いた残りの給料は全て欲しい物を買うために使っていました。

 

全て使っても、足りなくなることが多く足りない分は来月以降返すということでその都度母親から借りていたのですが、
毎月毎月底を着くまで給料を使っていたため、返済の目途は全く立っていませんでした。

 

半年くらいたったある日、母から今現在いくら母に借金をしているか知っているか?と問われ、聞いたところ知らぬ間に
20万に達していました。自分の中では一回で二万や三万といった少し大き目の金額を借りた覚えは全くなくそれはその通りで
三千円、五千円と少額を毎回少しずつ借り続けて気付けば20万という額に達していました。

 

母から借りていたので、利子などはまったくついておらず、自分のペースで返済させてくれていますが
これを消費者金融で借りていたかと思うと、利子のことなどを考えるとぞっとします。

 

また、昔からの母との取り決めでクレジットカードは持たないということになっていたので
今回もクレジットカードを作って買い物をするのではなく、母から借りるという形をとっていたのですが
今月買った物を来月払うというクレジットカードとほぼ同じような形式で母からお金を借りており
翌月払いなので買った代金が目に見えてわからず、使用金額が塵も積もれば山となるで
いつのまにか大きな金額になってしまっているクレジットカードの恐ろしさというのも痛感しました。

 

この時に少し一喝をいれられ、物欲を制御して母に返済するように努め始めたのですが
少ない給料から必要経費を抜いて、返済しようと思ったらなかなか一気に返すことはできません。
月々の給料が10万あればとても良い方だったので月々2万での返済もなかなかきつい状態でした。
母から借りていたので、今月はキツイので返済額は1万でいいか?という交渉もできましたし
借りる期間が長くなれど一銭も利子という物はつきません。しかし、消費者金融からお金を借りるとなるとそういうわけにもいきません。

 

今後とも、自分の給料に見合った生活をして
クレジットカードや消費者金融は絶対に使わないようにしようと心に決めました。