パチンコにはまって借金

パチンコにはまって借金

私はパチンコにはまってしまい、借金をした経験があります。

 

私は大学生のときに一人暮らしをしており、親からの仕送りがほとんどなく苦しい生活をしていました。大学の学費は親が払ってくれたものの、家賃や食費などは自分でアルバイトをして稼いでいました。ある時、友達に誘われて生まれて初めてパチンコに行きました。何も分からないまま友達について行っただけだったのですが、意外にも大当たりしてしまい、大金を手にしました。ずっと苦しい生活が続いていたので、少し贅沢ができ美味しいものを食べられてとても満足しました。これをきっかけに、パチンコ店に頻繁に通うようになってしまいました。

 

しかし、次からは負けてばかりでアルバイトで稼いだお金だけでなく、親から送ってもらった大学の学費までパチンコにつぎ込んでしまいました。一度大金を手にしてしまった醍醐味に惹かれて、次こそはきっと勝てるのではないかという自信のようなものがあったのですが、結局は負けてしまってお金がほとんどなくなってしまいました。親にはパチンコで負けてお金がないので仕送りしてほしいとは言うことができず、友達に少し借りることができたものの、生活をしていくために消費者金融からお金を借りるしかありませんでした。

 

ちょうど家から大学へ行く途中に、消費者金融の無人の窓口があったので恐る恐る入ってみました。意外と簡単にお金が借りることができ、何もしないでお金が手に入るという魅力に取りつかれてしまいました。借りたお金をパチンコに使ってはいけないとは思ったのですが、もしまた大当たりしてこのお金が数倍になったら儲けものだと思ってしまい、消費者金融から借りたお金さえもパチンコにつぎ込んでしまいました。しかし結果は負けてばかりで、借金は膨らんでいくばかりか、ご飯を食べていくお金さえ無くなっていきました。

 

借金したお金で何とか生活をして大学も卒業でき、就職をしました。借金を少しずつ返していこうと思いましたが、家賃や生活費、交際費などで思うように返済できませんでした。パチンコは行く回数は減ったものの、やはり月に数回は行っておりパチンコ通いは止められませんでした。

 

そして借金は膨れ上がってとうとう300万円ほどになってしまいました。もうどうすることもできず、親に本当のことを打ち明けて返済を肩代わりしてもらいました。親にはかなり怒られましたが、自分がやったことなので仕方がありません。私の人生の最大の失敗だと思っています。